中古の普通車を買うときに必要な物

中古車を購入する際は、代金を支払うだけではなく、色んな必要な物を準備しないと契約はできません。いざ買うことが決まっても、要る物を所持していないと納車の日にちも伸びるでしょう。早く新しい車に乗車したいという人は、事前に何が必要か確認して用意しておくことをおすすめします。普通車の購入に必要な物は、「車庫証明書」です。車の保管場所があるということを証明できる書類のことで、警察署で申請するものです。現在では中古車販売店が代行して行ってくれることも多いです。そして、「実印」と「印鑑証明書」も準備しておきましょう。住んでいる市区町村で実印登録ができます。そして、実印登録を済ませたことを証明する印鑑証明書も一緒に用意しておきましょう。

中古の軽自動車を購入するときに必要な物

中古の軽自動車の購入時に必要な物と、普通車で用意しなければいけない物は違いがあるので気をつけましょう。普通車であれば、実印と印鑑証明書が必要になりますが、軽自動車では揃えなくてもよく、別に「住民票」を準備します。役所でしか住民票の取得ができないエリアに住んでいる人は、平日に訪問して取りに行きましょう。住民票は交付から3ヵ月以内のものが有効です。そして「印鑑」(認印)を用意します。住んでいる自治体により、認印がシャチハタや三文判の場合、認められないこともあるので、あらかじ販売店に確認を取っておくとよいでしょう。普通車や軽自動車でも、自動車検査証と自賠責保険証の書類が必要ですが、この書類は販売店が用意してくれることがほとんどです。